ゴーゴージャグラー

【 2015年 】ゴーゴージャグラーの機種詳細

ゴーゴージャグラー

ゴ-ゴ-ジャグラーは2015年に導入された台です。
ワイドリ-ルやバックランプ、それまでのジャグラーに影響を残した4号機ゴ-ゴ-ジャグラーを継承しています。

ボ-ナス告知も、全機種同様に後告知のみとなっています。
ガコ!もなし。実にシンプルな機種となっています。

GOGOランプが豆電球のようにふわっと光るので、知らずに席を立ちその後に光っていたことなどもありました。

ゴーゴージャグラーのボーナス確立について

ボ-ナス合成確率はシリーズ最高峰です。
プレミアム告知追加があります。

小役フラグ解説など

チェリーの図柄が2通りあります。
共通チェリーは、どちら図柄でも同時成立する可能性があります。

必ず角に停止する仕様になっています。
単独チェリーは、どちらもBIG同時成立確定です!

成立したフラグと目押し位置が合致しなければ揃いません。
そして必ず角にしか停止する仕様になっています。

また単独チェリープラスBIG時は、すべる。という特徴があります。
例えば左リ-ル中段BAR停止時に右が滑り落ちてきて、諦めたらペカりしかもBIGということが発生したりします。

立ち回りの知識として

ジャグラーシリーズは、レギュラー確率などで設定差を判別するのが常識的です。
ですがゴ-ゴ-ジャグラーは、REG確率が設定1でも1/364でこれはマイジャグラーでは、設定2と同等の確率です。

つまり、ジャグラーシリーズの中でも高設定との差を見分けにくいものとなっています。

またBIG確率による設定差もジャグラーシリーズでは最も小さく、丸一日打っても設定1と6では3回程の差しかありません。
ということはいつものようにREG確率を重視するよりも、あくまでも保険程度の参考にぶどうをカウントした方が設定を読むのには適しています。

ゴーゴージャグラーのいいところ、悪いところ

設定1の機械割が高いので、リスクが低いという事になり打ちやすいと言えます。
逆に、最も設定が見えない台なので攻めにくいと言う短所もあります。

立ち回りのまとめとしては、REG確率が1/260以上で合算確率は1/130以上。
そして総ゲ-ム数が3000G以上の台が狙い目です。

プレミアムについては

個人的には、ガコ!もなく、完全後告知で静かに打てる台です。
それでもプレミアム告知は搭載されています。

無音やGOGOランプの点滅、フリ-ズなどがあり通常が静かなぶん嬉しい演出になっています。

みんなの評価は?


パチタウンなどで見てみると星5つの満点中、星の数は3つが最も多かったです。

  • 「低設定でも誤爆するので、優秀台と勘違いしやすい」
  • 「高設定でも波が荒い」

と言った声が多く前述の設定差があまり読み取りにくいため、勘違いすることが多い台かも?と感じました。

ゴーゴージャグラーで勝つということ


とにかく怖いのは、設定差の勘違いが置きやすいというところかも知れません。
なので機械割に注意してなるべく、自分なりの高設定判別法を作り出すのが早道になると思います。

最後に本記事のまとめを記載するので是非参考にして下さい。

  • ゴーゴージャグラーのボーナス確立について
  • 立ち回りの知識として
  • ゴーゴージャグラーのいいところ、悪いところ
  • プレミアムについては
  • みんなの評価は?

他のジャグラーシリーズよりもリスクが少ないという声もあるので、まずは実践で体感してみるといいのではないでしょうか。

関連記事
【2019年】ゴーゴージャグラー2の機種詳細

ゴーゴージャグラー
最新情報をチェックしよう!