アイムジャグラーEX

【 2007年】 アイムジャグラーEXの機種詳細

アイムジャグラーEX

アイムジャグラーEXの機種詳細

アイムジャグラーEXは5号機初のジャグラーになります。

2007年に北電子より発表されました。

略称はアイジャグ。

これまでの4号機とは配列や役構成、内部確立などは変更されているもののジャグラー当機種の持つジャグ連はそのまま起きる仕様になっています。

GOGOランプは大きくなり見やすくなっています。

ビッグの獲得枚数は325枚。
レギュラーの獲得枚数は104枚。

現在のアイムジャグラー

 2009年に検定切れになっているものの、現在でも依然高い人気を誇っていることから、3年間の延長が認められ、2017年までは稼働されています。

みなし機として稼働していました。

告知形式

レバーON時、リ-ル始動時、停止ボタン有効時に振り分けられています。

さらに、後告知といって、第3リ-ル停止後、

これは、音あり、音無しに分けられています。

子役重複当選

チェリーの重複当選を含んでおり、中押し、逆押しなどにより、確定を見分けられます。

アイムジャグラーEX逆押しなどのメリット

ベル、ピエロは、順押しでは、フォロー出来ないので、逆押し、中押しにより、完全フォロ-が可能となっています。

そうすることにより、機械割をあげるというメリット、または、設定看破の参考など、楽しめる材料がおおくなっています。

デメリットとしては、目押しの部分で時間がかかると言うところです。

6.プレミアムな演出

7絵柄テンパイの時、音がないと確定になります。

1ゲーム連は、軍艦マーチになります。

100G以内のゾロ目でそろうビッグボーナスは、運命が鳴ります。

7.アイムジャグラーをたのしむ

現在はアイムジャグラー自体の後継機が出回り、初代のアイムジャグラーは、見かけなくなっています。

ですが、後継機のアイムジャグラーが、それを引き継いでいるので、中押し、逆押しなど、従来のジャグラー、現在のジャグラー、ともに、その辺りが、楽しみ方のひとつと言えると思います。

ちなみに、ジャグラーでは人気のリプレイ図柄ですが、北電子が一般公募などにより、この後たくさんのリプレイ図柄が出てきます。

この、アイムジャグラーの、リプレイ図柄は、サイのつのっちです。

何故サイなのかというと、再度。

つまり再と、サイをかけて使っています。

つのっちは4号機ジャグラーから長きに渡り使われている図柄で、キャラクターグッズも出ています。

アイムジャグラーEXの詳細は以上です。

他のジャグラーシリーズの紹介も見てもらえると嬉しいです。

アイムジャグラーEX
最新情報をチェックしよう!