アイムジャグラーSP

【 2009年 】アイムジャグラーSPの機種詳細

アイムジャグラーSP

アイムジャグラーSPは2009年に導入された5号機のジャグラーシリーズの機種。

この台は、大人気の機種アイムジャグラーEXの検定期限切れに向けて開発された機種でしたがアイムジャグラーEXが設置期限延長の申し出をしたためあまり普及しなかったため激レアなジャグラー機種です。アイムジャグラーEXは今でも結構置いているホール多いですよね。

しかし、アイムジャグラーSPもほとんど見かけることはなくなりましたが、まだ設置しているホールもあるので見つけたら記念に回してみてください。

アイムジャグラーSPの打ち方は他のジャグラーシリーズ同様左リールにバーを目安にチェリーを狙ってあとは適当打ちでOK!

お馴染みのチェリー重複やボーナス図柄揃い、ジャグラーシリーズの醍醐味と言えば様々な場面で光るゴーゴーランプですよね。

レバーON時や第3リール停止時、告知音が鳴ったり鳴らなかったり…

どんな光り方でもジャグラー打ちには嬉しいものです。

飛び込みREGが来てはまった!なんてジャグラーのオカルトもよく聞きますが、チェリーを狙っていればまず光らず飛び込むことはないですしね。全く根拠のない話です。

正直この機種はアイムジャグラーEXをベースにして作られているので大きな差がないのですが、例えばボーナス時のメダルが2枚賭けであったりEXに比べてSPの方がボーナス確率がほんの少し高いとか、BIGボーナス時の獲得枚数がSPの方が気持ち少ないなど気を付けて見ると細かくいろいろな箇所に変更があります。

私は、アイムジャグラーEXの設定判定にブドウ確率を使っていましたが、SPのブドウ確率は設定差がほぼないので設定判別に使うには難しいです。

他の子役も誤差ほどしかないチェリー以外設定差がないためやはりボーナスの合算確率とREGボーナスの割合を見ていくしかなく、前日の履歴だったりある程度回してみてでないと設定が良いか悪いかの判断がつけられないのです。

ですので、朝イチでこの台に座るより夕方くらいにある程度回されて捨てられている台のデータを見てから台を選ぶのが堅実な打ち方と言えるでしょう。

アイムジャグラーSPは私の中でアイムジャグラーEXを越えられなかった残念な台という認識でEXばかり打っていましたが、SPをめっきり見かけなくなってしまった今ではふらっと立ち寄った店に置いてあったら回してしまうんですよね。

どんな物もあることが当たり前ではないということを教えてくれるそんな機種でした。

アイムジャグラーSP
最新情報をチェックしよう!